3616m and down コンテスト 2017/07/01 -
掲載日:2017年7月20日
contest:2017年7月1日

6m and down コンテスト

2017年7月1日午後9時
2009年以来、久し振りに6Dに顔をだした。
海外コンテストは低調だが、国内は堅調な様で、QSOの緊張感を味会う。
50,144,430のCWで最初何局か呼んで、後はCQ。
この時間帯は、それなりに呼ばれた。
ほぼ同じ時間で、50>144>430のQSO数だった。

午後11時
再度、50,144,430と各20分程度1巡した。
最初多かった50は少なく、最初少なかった430が多かった。
今日は2順目で終わり。

●92QSO=50*28QSO+144*37QSO+430*27QSO
この後、DL-DX-RTTYを覗きます。

7月2日午前6時半
今日はのんびり、6&Dを楽しむ予定です。
無線機やパソコンが長い時間安定しているかが、問題ですが。

144では近くの山の上の巨大局のキークリックでバンド内が雑音化している
40kcしかないが、遠く離れて雑音の少ないところに退避。

午前10時半
144は凄いノイズだ。バンド内が覆い尽くされ、そんな中でCQを出すのも控えている状態。
キークリックとは違い、時々無くなるが、又再開するその連続。
相手が強ければQSO可能、でも弱いとつぶされる。
雑音とは違いインターバルを持っている。

午後2時半
ラスト30分で一番QSO数の少ない144へ。
それなりにQSOを進めていたが、終了10分前にオンフレでCQが始まった。
callしてくる局より強い信号で、CALLした局と手間取りながら、QSOを終わらせ周波数をややシフト。
上と下が同時に聞こえる7Mhz風で厳しい。
残り時間はないが、周波数の頭に移動してCQのやりななおしで終了。
最後の10分は手間暇を要したが、成績は全く伴わない。


●289QSO=50Mhz*101QSO+144Mhz*99QSO+430Mhz*89QSO

今のアンテナ

CONTEST一覧表のページへ