331 Mexico RTTY International Contest 2017/02/05 -
掲載日:2017年3月4日
contest:2017年2月5日

午前7時半
アンテナを北東に向け、RTTYの確認。
21は何も入ってないが、14はJAのCQも何局か聞こえる。
NAの信号も垣間見れる。

新しいアンテナで14が実現。
RTTYのゾーンは知らないが、聞けば解かり、21と同じと思った。
それを知らせるJT65の上にRTTYの音が聞こえ、信号が見えた。

パソコンはXPでWATER-HALLが暗いのが気になる。
合間合間にQSOが出来た。

13時
14では韓国やアジアロシア、台湾など同緯度の国からCQが出ている。
肝心な当方のA-FSKの信号が不安定で安心して運用出来ず。
21も1〜2局聞こえるが、14の方がその5倍は聞こえる。
それだけコンデションの差がある現実だ。

午後3時
14はヨーロッパロシアも一部聞こえ始めた。
この先、ゾーン15や20に広がるかが大いに問題。

午後5時
確かにゾーン15までは広がった。
CQを出している局の相手のQSOを拝聴すると、ゾーン14とのQSOもあるが、
個別に14からのCQは聞こえてこない。
私の無線は、新しいCQを探してCALLするいつものパターンだ。

午後7時半
7Mhzを覗くが、新たなCQは無い様で、手持ち無沙汰。
KA6BIMとDU3LAがしっかり居座っている。
他にDXのCQはなく、後はJAばかり数局。

午後10時
14Mhzを覗くとまだUゾーンが入っている。
ゾーン16が中心で数局。さすが14MHzだ。
最後に7Mhzを覗き、アメリカのワシントン州とQSOで終わりとする。

●52QSO 久しぶりの14hzで、少しだけ忙しい時間が出来た。

福生市 神明社の梅

CONTEST一覧表のページへ