312 OCEANIA DX Contest cw 2016/10/08 -
掲載日:2016年11月26日
CONTEST:2016年10月08日 

17時(午後5時)開始
先週のSSBは、CQを一番多く出すインドネシアの発音が分からず、
わかるまで悩んだが、CWはそれが無いはずだ。
でもSSBは誰でもokだが、CWはコードを習得せねばならず、こちらは局数が減るのが心配。

VK2BJ局がCOUNT-DOWNをしているのでSTARTから呼んだが、9局目でやっと拾って貰えた。
バンド内全体は10局もCQが出てない感じ?
CQにCALLすると1文字間違えてBACKされえたので、こちらのCALL+NRを送ったらQSLと来た
この場合はCALL+QSLと来ないと、待ちが得たままではお互い減点になる?

午後6時
7Mhzで様子を見る
ハワイもオセアニアの様なのでcall。
オーストラリアとニュジ−ランドをそれぞれ1局CALL。
それ以外はほかにこの瞬間は聞こえず。
21に戻るが、20分経過後で5時台のようには聞こえなくなった。
OC外のCQは何局か聞こえる。

午後7時半
21は全く聞こえないので、7Mhzで試します
NAやモンゴル等OC以外からCQだが、OCのCQが聞こえず。
これでは、弱小局代表の私は行き場が無い。

午後8時半
今度はHI-IMPEDANCEで無線機が故障
ANTはDIPは確かにあり、同軸切り変え器やTVフィルター、SWR計を外し直結はOK。
この3つあるいはその間の同軸ケーブルが怪しい。
明日の朝に調査予定。

10月9日午前10時半
朝方トラブルシュートをした結果、無線機が犯人とわかった。
無線機を変えてリスタート。keyケーブルは新たに作りなおした。

午後1時
無線機を修理に出したが、店頭で再現せず持ち帰り。
再度接続して取り合えず、正常。
確かに、昨晩の”SWR計を外し直結はOK”と”無線機が犯人”とでは話が違う。

OCは消え去った様で、出ているのは一握り以下。
CQを出したが、40回のCQで音沙汰なし。
OC外のCQも目立ち、13時30分にはヨーロッパロシアから。

午後4時
最後の1時間だが、ワッチすると殆どdupeだがNEWが1局あり。
最後にnewカレドニアを発見し、qsoも成功。

●31QSOでした。QSO数はssbの3/5程度でした。

Oceania DX Contest, CW: 0800Z, Oct 8 to 0800Z, Oct 9
 	Mode:	CW
 	Bands:	160, 80, 40, 20, 15, 10m
 	Classes:	Single Op All Band (QRP/Low/High)
                        Single Op Single Band (QRP/Low/High)
                        Multi-One
                        Multi-Two
                        Multi-Multi
                        SWL
 	Max power:	HP: 1500 watts
                        LP: 100 watts
 	Exchange:	RST + Serial No.

CONTEST一覧表のページへ