292 CQ WW WPX Contest 2016/05/28 -
掲載日:2016年7月16日
Contest:2016年5月28日

2016年5月28日午前9時
朝のNAが聞こえるかが成否の鍵。

NAが期待できず東南アジア向けでcall開始。
しかし、KW局が汚い電波をまき散らし、無線機が飽和気味。

カリフォルニアとはQSO出来たので明日の朝は期待可能。

午前10時半
コンデションは相変わらずで、雑音の下で聞き分ける苦しい状態が続く。
アジアやオセアニアでは、頑張る気がわかない。

正午
昼前に、KW局が汚い電波をまき散らしが終わり、やっとスッキリ。

午後1時半
ヨーロッパロシアが入り始めた。
アンテナを南南西から北西に転換。
ロシアが一斉に入りだし、それまでとは気分ががらり変わる
私は26WPMで打っているが、それまでは早い方だった。
それが30WPMを超える速さで入り一気に圧倒され緊張。

午後4時
ゾーン16,15地域が入っている。
今まで蓄えた力を一気に吐き出しているかのように午前より、断然華やか。

午後6時
午後4時台の勢いで突き進むかと思いきや、それ以上は進まず停滞。
14は一部のみでそれ以上は聞こえず。そこに居座った気がする。
そんな中ですでに1000番を超えている局も居て、東欧のCWは凄い。

午後8時
夕食が終り、21を聞くと依然と盛ん。
スペイン、フランス、イタリアと14も聞こえる。
WPXともなれば、今の時間も麗しい。

午後9時半
さて21Mhzは入るのか?
今でもそれなりに入ります。
雑音が減少し、聞きやすいが、その分数は減っています。

ここらで7Mhzに切り変えます。
NA,SA、ASIAがGET出来ました。
夕方の21のEUの雑音が無い分、7は聞きやすかった。

本日は168QSO=7Mhz*27QSO+21Mhz*141QSO。今日は、これで終


29日午前5時
7MhzでCQにCALL。何回か呼ぶうちにcall-back有り。
但し、こちらのNRをなかなかとって貰えず。
他にも聞こえるが、こんな調子ではQSOにならず、諦めた。
その局はSが強かったので簡単にQSO出来ると思ったのに。

午前7時
NAを取りたくCQを探すが、ハワイまでで本国は聞こえず。
1時間待機。午前8時半も駄目でした。
今や南方の一大勢力のインドネシアもまだ聞こえないので、しばらくQRT。

午後1時
今日は2日目でDUPEが多いので、ゆっくりだ。
SN8Bポーランドがすでに入っている。
全容としては今はアジアロシアの時期だが、SP局が飛び越えている。
クロアチアも入りだした。全体の局数は案外少ない。
又南のFW5や5WともQSO出来た。


午後3時
そろそろEUが揃い始めたかな?
ゾーン16.15は開いており、昨日のデュープが多く、新規は僅か。
昨日より雑音がすくないが、局数も少ない感じ

午後4時
21のCQで新規は無いので、28を聞いてみる。
アジアの数局が聞こえるのでCALL。
ノイズが無いのが楽だ。

午後5時
少し混んできたが、デュープが多く、新規のCQは僅か。
ダイヤルを回しながらcallを確認するのも疲れるので
少し昼寝をして時間が経った処で再度サーチ。

午後6時
アンテナをEUへ向けなおして、夕食前のCQを確認。
新しいCQが5個有り、何とかGET。
ゾーンは16,15地域で、まだ14には達していない。
昨日も今の時間は、こんな感じだったと思う。

午後7時半
夕食も終りQSOへ。
昨日は14ゾーンが入ったが、今日は聞かれず15ゾーンだ。
CQを探してcallするQSOの2日目は多くがDUPEでやりずらいが、実力だ。

午後9時半
今日の最後は7Mhz。
7MhzのNAはコンデションが悪く、JAは慣れない人も居て、余計な符号が多い。
相手がNR再送を要求するのは、聞こえ辛くて、余計な符号は輪を広げる。

これまでのQSOは、256QSO=7Mhz*48QSO+21Mhz*195QSO+28Mhz*13QSO

5月30日午前7時半
土曜そして日曜とNAが駄目だったので今日は?
聞くとガザついているが、NA東岸が聞こえる。
局数は少ないがパラパラでている。

午後8時半
東岸は消えたが若干聞こえる。
NAやSAと幾つかQSO。
これでほっとした。

最近はRTTYのCONTESTが多く、CWが減った分番号が取りつらい。
NRと再度聞いてもクリヤーに入る事ばかりではなく、エイヤーで決める事が多し。
つまり、noの間違いは今まで以上に多い。

最終QSOは、276QSO=7Mhz*48QSO+21Mhz*215QSO+28Mhz*13QSO

我が家の百合

CONTEST一覧表のページへ