259 LZ DX Contest 2015/11/21 -
LZ DX Contest

掲載日:2016年1月16日
contest:21NOV〜22NOV/JST

RULEより
Same station may be worked once on CW and once on SSB on each band.

Exchange
For non-LZ entrants: RS(T) + ITU zone
For LZ entrants: RS(T) + 2 letters district abbreviation 
which is derived from the district the entrant operates from.

BU - BURGAS
BL - BLAGOEVGRAD
VN - VARNA
VT - VELIKO TARNOVO
VD - VIDIN
VR - VRATSA
GA - GABROVO
DO - DOBRICH
KA - KARDZHALI
KD - KYUSTENDIL
LV - LOVECH
MN - MONTANA
PA - PAZARDZHIK
PK - PERNIK
PL - PLEVEN
PD - PLOVDIV
RZ - RAZGRAD
RS - RUSE
SS - SILISTRA
SL - SLIVEN
SM - SMOLYAN
SF - SOFIA (CITY)
SO - SOFIA (DISTRICT)
SZ - STARA ZAGORA
TA - TARGOVISHTE
HA - HASKOVO
SN - SHUMEN
YA - YAMBOL

21日午後9時半
風呂を出たので、まずは21を聞くが、何も聞こえない。
次は7を聞くとUゾーンからCQ-TESTが聞こえる。
そこで、2局QSO、さらにVK。
最後にヨーロッパロシアともQSO出来、合計4局で今日は終了。
アンテナは短縮DPです。

22日午前6時半
7は短縮DPだが、ブルガリアが聞こえる
東欧やヨーロッパロシアが聞こえるが、自分が弱くて、取ってもらえず。
相手はハッキリ取れるので、何回も試す。
中には強い信号もあり、13局追加で昨晩から17局。

7時半
日曜の午前7時過ぎからJAが続々進出し、DXの信号は薄くなり、
いつしか消えた。
かといって、21ではNAやASIAではLZ-CONTESTはやってなさそう。

午後1時
21のCWは聞こえず。
21のSSBも聞こえず。
28のCWも聞こえず。
28のSSBも聞こえず
21のCWで待つ事に。

午後2時
21でヨーロッパロシア、そしてブルガリアも入感。
やがてSSBでも聞こえ始めた。

午後4時
聞こえるが、局数も少なく、信号強度も弱く、聞き取るのがやっと。
CQ-ZONEの14エリアも聞こえるが、Sメーターで1程度で応答なし。
落穂ひろいのごとく、CQを見つけてCALLする繰り返し。
CALL-BACKの多いのはCQ-ZONEの15エリア。

午後5時半
大相撲の優勝の行方を見るために、テレビ観戦。
結果が出たので、戻るともう無線は聞こえない.

午後8時
あと1時間でCONTESTは終了。
残るは7MhzでロシアのCQに対応するのがせいぜい。
しかし、その7MhzもCQ-CONTESTは聞こえません。やむを得ず終了。

成績:72QSO=7Mhz*17QSO+21Mhz*54QSO+28Mhz*1QSO

今年は梅の開花が早い

CONTEST一覧表のページへ